問答録集最新ニュース

question-and-answerlastest-ja

首页 / 問答録集最新ニュース/「日々好日事々好事」をどのように理解すれば良いのでしょうか?
「日々好日事々好事」をどのように理解すれば良いのでしょうか?

質問:もし衆生の元々の本性が仏であれば未来の仏であるともいえます。そうであれば、全ては成仏の道に辿っている途中であり、経歴したこと全てが罪障消滅につながるので、「日々好日事々好事」であり全ての事が仏道…

标签:
2019.06.05

質問:

もし衆生の元々の本性が仏であれば未来の仏であるともいえます。そうであれば、全ては成仏の道に辿っている途中であり、経歴したこと全てが罪障消滅につながるので、「日々好日事々好事」であり全ての事が仏道に近づいていると考えてもよいのでしょうか?

智廣阿闍梨回答:

もし、正しく仏法を聞思修されなかったら、全ての事は好事とは言えないでしょう、それはただの迷いの輪廻転生となります。逆に、もし三宝に一心帰依し法理に従って聞思修をすれば、「事々好事」となることができます。

印光大師曰く「修徳があればこそ、性徳が顕れます。修徳せず、性徳を持つ事だけでは、尽未来際仏性を持つものの、怙恃のない衆生になる。」

また、《地蔵菩薩本願経》曰く「南閻浮提の衆生を観ずるに、挙足動念、是れ業に、是れ罪に。」とあるように、法理に従って聞思修をしなければ、新しい罪を作る一方であり、事々好事となるわけではないでしょう。

 

「日々好日事々好事」をどのように理解すれば良いのでしょうか?

「日々好日事々好事」をどのように理解すれば良いのでしょうか?

2019-06-04

質問:

もし衆生の元々の本性が仏であれば未来の仏であるともいえます。そうであれば、全ては成仏の道に辿っている途中であり、経歴したこと全てが罪障消滅につながるので、「日々好日事々好事」であり全ての事が仏道に近づいていると考えてもよいのでしょうか?

智廣阿闍梨回答:

もし、正しく仏法を聞思修されなかったら、全ての事は好事とは言えないでしょう、それはただの迷いの輪廻転生となります。逆に、もし三宝に一心帰依し法理に従って聞思修をすれば、「事々好事」となることができます。

印光大師曰く「修徳があればこそ、性徳が顕れます。修徳せず、性徳を持つ事だけでは、尽未来際仏性を持つものの、怙恃のない衆生になる。」

また、《地蔵菩薩本願経》曰く「南閻浮提の衆生を観ずるに、挙足動念、是れ業に、是れ罪に。」とあるように、法理に従って聞思修をしなければ、新しい罪を作る一方であり、事々好事となるわけではないでしょう。