問答録集最新ニュース

question-and-answerlastest-ja

首页 / 問答録集最新ニュース/祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?
祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?

質問:祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?智廣阿闍梨回答:祈りが答えられたかどうかは自分の基準で判断するのではありません。実際は、祈願をした時に既に佛様の応えを頂いているのです。…

标签:
2019.06.05

質問:

祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?

智廣阿闍梨回答:

祈りが答えられたかどうかは自分の基準で判断するのではありません。実際は、祈願をした時に既に佛様の応えを頂いているのです。それも、それは折に適った時期に、一番相応しい答えが与えられます、それがあなたの思い通りとは限りません。そのことを心に留めておきましょう。

決して、自分の思い通りに実現しなかったからといって祈りが聞かれなかったと思ってはいけません。あなたの願う事があなたにとって一番良いとは限らないからです。例えば、子供が飴を食べたいからといって、親はその要求通りに飴をあげるでしょうか?知恵のある父母は子供の思う通りの要求を全て満たすことはありません。智慧のある先生もそうです、それなら仏様は尚更でしょう。あなたは何が自分とって一番利益のあることなのか分りません。しかし、佛様は遍知ですので、全てをご存じです。それなので、佛様があなたにとって一番相応しい加持をしてくれる事を信じましょう。

佛様は衆生にとって一時的、また究竟的に真の利益になることを加持してくださいます。それは、あなたの意に従い、あなたの我執を満たすことではありません。

もし、あなたの願いがいつも自分の我執を強固し、自分の妄想を実現させる為だけなら、生命の覚醒と悟りから完全に逆の道を歩んでいることになります。あなたに迷いがあり、佛様があなたに覚悟をさせようとしているなら、あなたの希望通りに全て答えるわけがありません。

ですから、結果がどうあろうと、読経し、修法し、祈願することに努力し続けて、一切の物事を平然と受け入れましょう。全ては仏菩薩の最も良いご計画なのです。なぜ答えられた確信が持てないのか、なぜ願いがかなわないのかと考えてはなりません。そのようなことを考えると、自分の心と佛様の加持を隔てることになります。多くの人がこのような間違った考えをもっています。事実、このように考えると本当に答えを頂けなくなります。なぜならそれは心に疑いがあるからです。

大悲心陀羅尼は無上な功徳がありが、なぜ唱えても全ての人に効果が出るわけではないのかというと、『千手千眼観自在菩薩広大円満無碍大悲心陀羅尼経』の中にその原因が解いてあります。「一つだけ除く、それは咒に疑を持つ者」。疑いを持つ事、それこそが加持を得ることができない理由なのです。

 

祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?

祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?

2019-06-04

質問:

祈りが答えられたと実感できない時があるのはなぜでしょうか?

智廣阿闍梨回答:

祈りが答えられたかどうかは自分の基準で判断するのではありません。実際は、祈願をした時に既に佛様の応えを頂いているのです。それも、それは折に適った時期に、一番相応しい答えが与えられます、それがあなたの思い通りとは限りません。そのことを心に留めておきましょう。

決して、自分の思い通りに実現しなかったからといって祈りが聞かれなかったと思ってはいけません。あなたの願う事があなたにとって一番良いとは限らないからです。例えば、子供が飴を食べたいからといって、親はその要求通りに飴をあげるでしょうか?知恵のある父母は子供の思う通りの要求を全て満たすことはありません。智慧のある先生もそうです、それなら仏様は尚更でしょう。あなたは何が自分とって一番利益のあることなのか分りません。しかし、佛様は遍知ですので、全てをご存じです。それなので、佛様があなたにとって一番相応しい加持をしてくれる事を信じましょう。

佛様は衆生にとって一時的、また究竟的に真の利益になることを加持してくださいます。それは、あなたの意に従い、あなたの我執を満たすことではありません。

もし、あなたの願いがいつも自分の我執を強固し、自分の妄想を実現させる為だけなら、生命の覚醒と悟りから完全に逆の道を歩んでいることになります。あなたに迷いがあり、佛様があなたに覚悟をさせようとしているなら、あなたの希望通りに全て答えるわけがありません。

ですから、結果がどうあろうと、読経し、修法し、祈願することに努力し続けて、一切の物事を平然と受け入れましょう。全ては仏菩薩の最も良いご計画なのです。なぜ答えられた確信が持てないのか、なぜ願いがかなわないのかと考えてはなりません。そのようなことを考えると、自分の心と佛様の加持を隔てることになります。多くの人がこのような間違った考えをもっています。事実、このように考えると本当に答えを頂けなくなります。なぜならそれは心に疑いがあるからです。

大悲心陀羅尼は無上な功徳がありが、なぜ唱えても全ての人に効果が出るわけではないのかというと、『千手千眼観自在菩薩広大円満無碍大悲心陀羅尼経』の中にその原因が解いてあります。「一つだけ除く、それは咒に疑を持つ者」。疑いを持つ事、それこそが加持を得ることができない理由なのです。