佛陀教言

buddha

首页 / 佛陀教言/佛说七俱胝佛母心大准提陀罗尼经(中日文对照)
佛说七俱胝佛母心大准提陀罗尼经(中日文对照)

大唐天竺三藏地婆诃罗   译尔时佛在舍卫国祇树给孤独园。その時、佛、舎衛国の祇樹給孤独園に在り。是时世尊思惟观察。愍未来诸众生故。この時、世尊は思惟し、未来のもろもろの衆生を観察して愍むが故…

标签:
2014.07.07

大唐天竺三藏地婆诃罗   译

尔时佛在舍卫国祇树给孤独园。

その時、佛、舎衛国の祇樹給孤独園に在り。

是时世尊思惟观察。愍未来诸众生故。

この時、世尊は思惟し、未来のもろもろの衆生を観察して愍むが故に、

说是七俱胝佛母心准提陀罗尼法。

この七倶胝佛母心准提陀羅尼法を説く。

即说咒曰。

即ち呪を説いて曰く、

南谟飒哆南三藐三勃陀俱胝南怛姪他

ノウマク サッタナン サンミャク サンボダ クチナン タニャタ

唵折戾主戾准缔娑婆诃

オンシャレいソレイソンデイソワカ

若有比丘比丘尼优婆塞优婆夷。

「若し比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷ありて、

受持读诵此陀罗尼满八十万遍。无量劫来所造五无间等。

この陀羅尼を受持し読誦して、満つること八十万遍なれば、無量劫より来た造る所の五無間等、

一切诸罪皆悉消灭。所在生处皆得值遇诸佛菩萨。所有资具随意充足。

一切のもろもろの罪は、みな悉く消滅して、あらゆる生処にみな諸佛・菩薩に値遇することを得て、あらゆる資具は意に随いて充足し、

生生常得出家。具持菩萨律仪净戒。恒生人天不堕恶趣。常为诸天之所守护。

生生に常に出家を得て、具さに菩薩の律儀、浄戒を持して、恒に人、天に生まれて悪趣に堕ちず、常に諸天の守護する所と為らん。

若有在家善男女等诵持之者。其家无有灾横病苦之所恼害。

若し在家の善男女等、これを誦持することあらば、その家に災横、病苦の悩害する所あることなく、

诸有所作无不谐偶。所说言语人皆信受。

あらゆる所作は諧偶せざることなく、説く所の言語は人みな信受せん。

若有诵此陀罗尼咒满十万遍。

若しこの陀羅尼呪を誦して、満つること十万遍あれば、

梦中得见诸佛菩萨声闻缘觉。

夢中に諸佛、菩薩、声聞、縁覚を見ることを得て、

自见口中吐出黑物。

自ずから口中より黒物を吐出するを見ん。

若有重罪诵满二十万遍。

若し重罪あるも、誦して満つること二十万遍なれば、

梦中亦见诸佛菩萨。亦复自见吐出黑物。

夢中にまた諸佛、菩薩を見て、また自ずから黒物を吐出するを見ん。

若有五逆罪。不得如是善梦之者。

若し五逆罪にしてかくの如きの善夢を得ざるの者あらば、

宜应更诵满七十万遍。是还得如前之相。

よろしくまさに、更に誦して満つること七十万遍すべし。この時、また前の如きの相、

乃至梦见吐出白色如酪饭等。当知此人即是罪灭。清净之相。

ないし夢に白色なること、酪飯等の如きを吐出するを見ることを得て、

まさにこの人は、即ちこれ罪の滅して清浄の相なるを知るべし。

复次我今说此大陀罗尼所作之事。

また次に、われ今この大陀羅尼の所作の事を説かん。

若于佛像前。或于塔前若清净处。

若しは佛像前に於いて、或いは塔前に於いて、若いは清浄処にて、

以瞿摩夷塗地。而作方坛随其大小。

瞿摩夷を以て地に塗り、而して方壇を作りてその大小に随い、

复以花香幡盖饮食灯烛。随力所办而供养之。

また華香、幡蓋、飲食、燈燭を以て、力の弁ずる所に随いてこれを供養し、

复咒香水散于四方上下以为结界。

また香水に呪して四方上下に散じ、以て結界と為し、

于坛四角及坛中央。皆各置一香水之瓶。

壇の四角及び壇の中央に於いて、みなおのおの一香水の瓶を置き、

持咒之者于其坛中。面向东方胡跪。诵咒一千八遍。

持呪者はその壇の中に於いて、面を東方に向けて胡跪し、呪を誦すること一千八遍なれば、

其香水瓶即便自转。叉手捧杂花。咒千八遍。

その香水の瓶は即便ち自ずから転ぜん。叉手して雑花を捧げ、呪すること千八遍して、

散一镜面。又于镜前正观。诵咒亦千八遍。得见佛菩萨像。

一の鏡面に散じ、また、鏡の前に於いて正観し、呪を誦することまた千八遍すれば、佛、菩薩の像を見ることを得ん。

应咒花百八遍。而散供养。随请问法无不决了。

まさに花に呪すること百八遍し、而して散じて供養すべし。請いに随いて法を問うに決了せざることなけん。

若有鬼病以咒茅草而拂病人即得除愈。

若し鬼病ありて以て茅草に呪して病人を払わば、即ち除愈を得ん。

若有幼小为鬼所著。以五色缕应令童女搓以为线。一咒一结满二十一。

若し幼少ありて鬼の著する所と為らば、五色の縷を以てまさに童女をして搓りて以て線と為さしめ、一たび呪して一たび結び、満つること二十一して用て、

用系其颈。以芥子咒满七遍。散其面即便除差。

その頸に繋け、芥子を以て呪して満つること七遍し、その面に散ずれば、即便ち除差せん。

复次有法。于病者前墨画其形。咒杨枝打之。亦便除差。

また次に法あり。病者の前に於いて墨もてその形を画き、楊枝に呪してこれを打たば、また便ち除差せん。

复次有法。若有病人为鬼所著身在远处。

また次に法あり。若し病人ありて鬼の著する所となり、身は遠処に在るときは、

应咒杨枝具满七遍。寄人持打即亦除差。

まさに楊枝に呪して具さに満つること七遍し、人に寄け持たせて打たしめば、即ちまた除差せん。

复次有法。若在路行诵此咒。无有贼盗恶兽等畏。

また次に法あり。若し路に在りて行くに、この呪を誦さば、

盗賊、悪獣等の畏れあることなけん。

复次有法。常持此咒。设有诤讼无不获胜。

また次に法あり。常にこの呪を持たば、設い諍訟あるも勝を獲ざることなけん。

若欲往渡江河大海。诵咒而渡无有水中恶兽等难。

若し往きて江河、大海を渡らんと欲るに、呪を誦して渡らば、水中の悪獣等の難あることなけん。

复次有法。若被系闭枷锁禁其身。诵此咒者即得解脱。

また次に法あり。若しその身を繋閉され、枷鎖し禁わるるとも、この呪を誦する者は即ち解脱を得ん。

复次有法若诸国土水旱不调。疫毒流行。

また次に法あり。若しもろもろの国土の水旱調わず、疫毒の流行するとき、

应以酥和胡麻粳米。用手三指取其一撮。咒之一遍置火中烧。

まさに酥を以て胡麻、粳米と和し、手の三指を用てその一撮を取り、これに呪すること一遍して火中に置きて焼き、

或经七日七夜。六时如是相续不绝。一切灾疫悉皆消灭。

或いは七日七夜を経て、六時にかくの如く相続して絶えざれば、一切の災疫は悉くみな消滅せん。

复次有法。于河渚间砂潬之上。以印。印砂为塔形像。

また次に法あり。河渚の間の砂潬の上に於いて、印を以て砂に印し、塔の形像と為して、

诵咒一遍印成一塔。满六十万遍。

呪を誦すること一遍し、印して一塔と成し、満つること六十万遍なれば、

或见观世音菩萨。或见多罗菩萨。或见金刚主菩萨。随心所求皆得满足。

或いは観世音菩薩を見、或いは多羅菩薩を見、或いは金剛手菩薩を見て、心の求むる所に随いてみな満足を得て、

或见授与仙药。或见与受菩提之记。

或いは仙薬を授与され、或いは菩提の記を与受されん。

复次有法。右绕菩提树像。诵咒满千万遍。

また次に法あり。菩提樹の像を右遶し、呪を誦して満つること千万遍なれば、

即见菩萨为其说法。欲随菩萨即得随从。

菩薩のそれが為に説法することを見て、菩薩に随わんと欲すれば、即ち随従することを得ん。

复次有法。若乞食时常持此咒。

また次に法あり。若し乞食する時に常にこの呪を持たば、

不为恶人恶狗等类之所恼害。

悪人、悪狗等の類の悩害する所と為らざらん。

若于塔前或佛像前或舍利塔前。诵持此咒三十万遍。

若し塔前或いは佛像前、或いは舎利塔前に於いて、この呪を誦持すること三十万遍し、

复于白月十五日设大供养。一日一夜不食正念诵咒。

また白月十五日に大供養を設け、一日一夜、食せずして正念し誦呪すれば、

乃至得见金刚手菩萨。而彼菩萨即将是人往于自宫

ないし金剛手菩薩を見ることを得て、而もかの菩薩は即ちこの人を將いて、自らの宮に往かん。

复次有法。若于转法轮塔前或佛生处塔前。

また次に法あり。若し転法輪塔前或いは佛生処塔前、

或从忉利天下宝阶塔前或舍利塔前。于如是等诸塔之前诵咒右绕。

或いは従忉利天下宝階塔前或いは舎利塔前に於いて、かくの如き等のもろもろの塔の前に於いて、呪を誦して右遶すれば、

即见阿钵罗是多菩萨及诃利底菩萨。随其所愿皆悉满足。

即ち阿鉢羅是多菩薩及び訶利底菩薩を見て、その願う所に随いてみな悉く満足せん。

若须仙药即便授之。复为说法示菩萨道。

若し仙薬を求むれば、即便ちこれを授け、また為に説法して菩薩道を示さん。

若有诵此陀罗尼者。乃至未坐道场。一切菩萨常为善友。

若しこの陀羅尼を誦する者あらば、ないし未坐道場、一切の菩薩は常に善友と為らん。

又此准提大陀罗尼大明咒法。过去一切诸佛已说。

又、この准提大陀羅尼大明呪法は、過去の一切の諸佛がすでに説き、

未来一切诸佛当说。现在一切诸佛今说。

未来の一切の諸佛がまさに説くべく、現在の一切の諸佛が今説き、

我今亦如是说。为利益一切众生故。

われ今またかくの如く説くは、一切の衆生を利益するが故にして、

令得无上菩提故。

無上菩提を得せしめんが為の故なり。

若有薄福众生。无少善根者。无有根器之者。

若し薄福の衆生、少しも善根なき者、根器あることなきの者、

无有菩提分法者。若得闻此陀罗尼法。

菩提分法あることなき者ありて、若しこの陀羅尼法を聞くことを得ば、

速疾证得阿耨多罗三藐三菩提。若有人能常自忆念。

速疾に阿耨多羅三藐三菩提を証得せん。若し人ありて能く常に自ら憶念し、

诵持此咒。无量善根皆得成就。

この呪を誦持して無量善根なれば、みな成就することを得ん。」

佛说此大准提陀罗尼法时。无量众生远尘离垢。

佛、この大准提陀羅尼法を説く時、無量の衆生は遠塵離垢し、

得大准提陀罗尼大明咒功德。

大准提陀羅尼大明呪の功徳を得て、

得见十方诸佛菩萨诸圣众等作礼而去。

十方の諸佛、菩薩と諸聖衆等を見ることを得て、礼を作して去れり。

大明咒藏六万偈中出此七倶胝佛母心大准提陀罗尼经一卷垂拱二年于西魏国寺译

注:本经版本由日本真言宗醍醐派管长仲田顺和大僧正猊下提供,中文依《大正新修大藏经》第 20 册 No.1077校勘,日文依「七观音」经典集(现代语译)校勘。

 

佛说七俱胝佛母心大准提陀罗尼经(中日文对照)

佛说七俱胝佛母心大准提陀罗尼经(中日文对照)

2014-07-06

大唐天竺三藏地婆诃罗   译

尔时佛在舍卫国祇树给孤独园。

その時、佛、舎衛国の祇樹給孤独園に在り。

是时世尊思惟观察。愍未来诸众生故。

この時、世尊は思惟し、未来のもろもろの衆生を観察して愍むが故に、

说是七俱胝佛母心准提陀罗尼法。

この七倶胝佛母心准提陀羅尼法を説く。

即说咒曰。

即ち呪を説いて曰く、

南谟飒哆南三藐三勃陀俱胝南怛姪他

ノウマク サッタナン サンミャク サンボダ クチナン タニャタ

唵折戾主戾准缔娑婆诃

オンシャレいソレイソンデイソワカ

若有比丘比丘尼优婆塞优婆夷。

「若し比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷ありて、

受持读诵此陀罗尼满八十万遍。无量劫来所造五无间等。

この陀羅尼を受持し読誦して、満つること八十万遍なれば、無量劫より来た造る所の五無間等、

一切诸罪皆悉消灭。所在生处皆得值遇诸佛菩萨。所有资具随意充足。

一切のもろもろの罪は、みな悉く消滅して、あらゆる生処にみな諸佛・菩薩に値遇することを得て、あらゆる資具は意に随いて充足し、

生生常得出家。具持菩萨律仪净戒。恒生人天不堕恶趣。常为诸天之所守护。

生生に常に出家を得て、具さに菩薩の律儀、浄戒を持して、恒に人、天に生まれて悪趣に堕ちず、常に諸天の守護する所と為らん。

若有在家善男女等诵持之者。其家无有灾横病苦之所恼害。

若し在家の善男女等、これを誦持することあらば、その家に災横、病苦の悩害する所あることなく、

诸有所作无不谐偶。所说言语人皆信受。

あらゆる所作は諧偶せざることなく、説く所の言語は人みな信受せん。

若有诵此陀罗尼咒满十万遍。

若しこの陀羅尼呪を誦して、満つること十万遍あれば、

梦中得见诸佛菩萨声闻缘觉。

夢中に諸佛、菩薩、声聞、縁覚を見ることを得て、

自见口中吐出黑物。

自ずから口中より黒物を吐出するを見ん。

若有重罪诵满二十万遍。

若し重罪あるも、誦して満つること二十万遍なれば、

梦中亦见诸佛菩萨。亦复自见吐出黑物。

夢中にまた諸佛、菩薩を見て、また自ずから黒物を吐出するを見ん。

若有五逆罪。不得如是善梦之者。

若し五逆罪にしてかくの如きの善夢を得ざるの者あらば、

宜应更诵满七十万遍。是还得如前之相。

よろしくまさに、更に誦して満つること七十万遍すべし。この時、また前の如きの相、

乃至梦见吐出白色如酪饭等。当知此人即是罪灭。清净之相。

ないし夢に白色なること、酪飯等の如きを吐出するを見ることを得て、

まさにこの人は、即ちこれ罪の滅して清浄の相なるを知るべし。

复次我今说此大陀罗尼所作之事。

また次に、われ今この大陀羅尼の所作の事を説かん。

若于佛像前。或于塔前若清净处。

若しは佛像前に於いて、或いは塔前に於いて、若いは清浄処にて、

以瞿摩夷塗地。而作方坛随其大小。

瞿摩夷を以て地に塗り、而して方壇を作りてその大小に随い、

复以花香幡盖饮食灯烛。随力所办而供养之。

また華香、幡蓋、飲食、燈燭を以て、力の弁ずる所に随いてこれを供養し、

复咒香水散于四方上下以为结界。

また香水に呪して四方上下に散じ、以て結界と為し、

于坛四角及坛中央。皆各置一香水之瓶。

壇の四角及び壇の中央に於いて、みなおのおの一香水の瓶を置き、

持咒之者于其坛中。面向东方胡跪。诵咒一千八遍。

持呪者はその壇の中に於いて、面を東方に向けて胡跪し、呪を誦すること一千八遍なれば、

其香水瓶即便自转。叉手捧杂花。咒千八遍。

その香水の瓶は即便ち自ずから転ぜん。叉手して雑花を捧げ、呪すること千八遍して、

散一镜面。又于镜前正观。诵咒亦千八遍。得见佛菩萨像。

一の鏡面に散じ、また、鏡の前に於いて正観し、呪を誦することまた千八遍すれば、佛、菩薩の像を見ることを得ん。

应咒花百八遍。而散供养。随请问法无不决了。

まさに花に呪すること百八遍し、而して散じて供養すべし。請いに随いて法を問うに決了せざることなけん。

若有鬼病以咒茅草而拂病人即得除愈。

若し鬼病ありて以て茅草に呪して病人を払わば、即ち除愈を得ん。

若有幼小为鬼所著。以五色缕应令童女搓以为线。一咒一结满二十一。

若し幼少ありて鬼の著する所と為らば、五色の縷を以てまさに童女をして搓りて以て線と為さしめ、一たび呪して一たび結び、満つること二十一して用て、

用系其颈。以芥子咒满七遍。散其面即便除差。

その頸に繋け、芥子を以て呪して満つること七遍し、その面に散ずれば、即便ち除差せん。

复次有法。于病者前墨画其形。咒杨枝打之。亦便除差。

また次に法あり。病者の前に於いて墨もてその形を画き、楊枝に呪してこれを打たば、また便ち除差せん。

复次有法。若有病人为鬼所著身在远处。

また次に法あり。若し病人ありて鬼の著する所となり、身は遠処に在るときは、

应咒杨枝具满七遍。寄人持打即亦除差。

まさに楊枝に呪して具さに満つること七遍し、人に寄け持たせて打たしめば、即ちまた除差せん。

复次有法。若在路行诵此咒。无有贼盗恶兽等畏。

また次に法あり。若し路に在りて行くに、この呪を誦さば、

盗賊、悪獣等の畏れあることなけん。

复次有法。常持此咒。设有诤讼无不获胜。

また次に法あり。常にこの呪を持たば、設い諍訟あるも勝を獲ざることなけん。

若欲往渡江河大海。诵咒而渡无有水中恶兽等难。

若し往きて江河、大海を渡らんと欲るに、呪を誦して渡らば、水中の悪獣等の難あることなけん。

复次有法。若被系闭枷锁禁其身。诵此咒者即得解脱。

また次に法あり。若しその身を繋閉され、枷鎖し禁わるるとも、この呪を誦する者は即ち解脱を得ん。

复次有法若诸国土水旱不调。疫毒流行。

また次に法あり。若しもろもろの国土の水旱調わず、疫毒の流行するとき、

应以酥和胡麻粳米。用手三指取其一撮。咒之一遍置火中烧。

まさに酥を以て胡麻、粳米と和し、手の三指を用てその一撮を取り、これに呪すること一遍して火中に置きて焼き、

或经七日七夜。六时如是相续不绝。一切灾疫悉皆消灭。

或いは七日七夜を経て、六時にかくの如く相続して絶えざれば、一切の災疫は悉くみな消滅せん。

复次有法。于河渚间砂潬之上。以印。印砂为塔形像。

また次に法あり。河渚の間の砂潬の上に於いて、印を以て砂に印し、塔の形像と為して、

诵咒一遍印成一塔。满六十万遍。

呪を誦すること一遍し、印して一塔と成し、満つること六十万遍なれば、

或见观世音菩萨。或见多罗菩萨。或见金刚主菩萨。随心所求皆得满足。

或いは観世音菩薩を見、或いは多羅菩薩を見、或いは金剛手菩薩を見て、心の求むる所に随いてみな満足を得て、

或见授与仙药。或见与受菩提之记。

或いは仙薬を授与され、或いは菩提の記を与受されん。

复次有法。右绕菩提树像。诵咒满千万遍。

また次に法あり。菩提樹の像を右遶し、呪を誦して満つること千万遍なれば、

即见菩萨为其说法。欲随菩萨即得随从。

菩薩のそれが為に説法することを見て、菩薩に随わんと欲すれば、即ち随従することを得ん。

复次有法。若乞食时常持此咒。

また次に法あり。若し乞食する時に常にこの呪を持たば、

不为恶人恶狗等类之所恼害。

悪人、悪狗等の類の悩害する所と為らざらん。

若于塔前或佛像前或舍利塔前。诵持此咒三十万遍。

若し塔前或いは佛像前、或いは舎利塔前に於いて、この呪を誦持すること三十万遍し、

复于白月十五日设大供养。一日一夜不食正念诵咒。

また白月十五日に大供養を設け、一日一夜、食せずして正念し誦呪すれば、

乃至得见金刚手菩萨。而彼菩萨即将是人往于自宫

ないし金剛手菩薩を見ることを得て、而もかの菩薩は即ちこの人を將いて、自らの宮に往かん。

复次有法。若于转法轮塔前或佛生处塔前。

また次に法あり。若し転法輪塔前或いは佛生処塔前、

或从忉利天下宝阶塔前或舍利塔前。于如是等诸塔之前诵咒右绕。

或いは従忉利天下宝階塔前或いは舎利塔前に於いて、かくの如き等のもろもろの塔の前に於いて、呪を誦して右遶すれば、

即见阿钵罗是多菩萨及诃利底菩萨。随其所愿皆悉满足。

即ち阿鉢羅是多菩薩及び訶利底菩薩を見て、その願う所に随いてみな悉く満足せん。

若须仙药即便授之。复为说法示菩萨道。

若し仙薬を求むれば、即便ちこれを授け、また為に説法して菩薩道を示さん。

若有诵此陀罗尼者。乃至未坐道场。一切菩萨常为善友。

若しこの陀羅尼を誦する者あらば、ないし未坐道場、一切の菩薩は常に善友と為らん。

又此准提大陀罗尼大明咒法。过去一切诸佛已说。

又、この准提大陀羅尼大明呪法は、過去の一切の諸佛がすでに説き、

未来一切诸佛当说。现在一切诸佛今说。

未来の一切の諸佛がまさに説くべく、現在の一切の諸佛が今説き、

我今亦如是说。为利益一切众生故。

われ今またかくの如く説くは、一切の衆生を利益するが故にして、

令得无上菩提故。

無上菩提を得せしめんが為の故なり。

若有薄福众生。无少善根者。无有根器之者。

若し薄福の衆生、少しも善根なき者、根器あることなきの者、

无有菩提分法者。若得闻此陀罗尼法。

菩提分法あることなき者ありて、若しこの陀羅尼法を聞くことを得ば、

速疾证得阿耨多罗三藐三菩提。若有人能常自忆念。

速疾に阿耨多羅三藐三菩提を証得せん。若し人ありて能く常に自ら憶念し、

诵持此咒。无量善根皆得成就。

この呪を誦持して無量善根なれば、みな成就することを得ん。」

佛说此大准提陀罗尼法时。无量众生远尘离垢。

佛、この大准提陀羅尼法を説く時、無量の衆生は遠塵離垢し、

得大准提陀罗尼大明咒功德。

大准提陀羅尼大明呪の功徳を得て、

得见十方诸佛菩萨诸圣众等作礼而去。

十方の諸佛、菩薩と諸聖衆等を見ることを得て、礼を作して去れり。

大明咒藏六万偈中出此七倶胝佛母心大准提陀罗尼经一卷垂拱二年于西魏国寺译

注:本经版本由日本真言宗醍醐派管长仲田顺和大僧正猊下提供,中文依《大正新修大藏经》第 20 册 No.1077校勘,日文依「七观音」经典集(现代语译)校勘。