问答录

question-and-answer

首页 / 问答录/问答录16:怎样才能满足愿望?要求之有“道”。
问答录16:怎样才能满足愿望?要求之有“道”。

问: 求财、求官、求事业发达,怎样才能满足愿望? 智广阿阇梨答: 你向诸佛菩萨求财、求官、求事业发达,这个问题 […]

标签:
2017.09.17

问:

求财、求官、求事业发达,怎样才能满足愿望?

智广阿阇梨答:

你向诸佛菩萨求财、求官、求事业发达,这个问题就好比你的儿子向你要钱,你会给他吗?

如果儿子非常有出息,德行很好,断恶行善,自利利他,每天好好修行,希望做利益众生的事情,他向你要一万块钱,我想,只要你有能力,你一定会资助他。不用说一万块,十万块你也愿意给他。

但是如果他每天吃喝嫖赌,你还会给他这一万块吗?肯定不会。

一样的道理。我们祈求诸佛菩萨满愿,但是我们的德行够不够拥有这些?我们是不是以贪心在求?

一个人能够生活并不需要很多东西,很多时候我们需要的很少,想要的却很多。这个世界上有多少贫穷的人在死亡线上挣扎?相比之下,我们都是富足的。

你家里有没有多余的东西?肯定有。有没有多余的衣服从来不穿的?肯定有。家里的角角落落,有没有从来不用的东西?肯定有。

从这个角度来说,我们都是富足的。如果还想拥有更多,本质上就是贪心,佛菩萨会满足你的贪心吗?

其实你已经拥有很多东西,你可以去帮助别人。如果你是以你所拥有的去利益众生,那么佛菩萨一定会帮助你。你越是想要利益众生,佛菩萨肯定会给你更多,这是毫无疑问的。

很多人说自己修行不灵,其实很重要的是,你要好好深入观察自己的心,你求这个愿望,背后真正的动机是什么。你真的是为了利益众生吗,还是你以利益众生作为借口?

佛陀传授这么多法门,最终是要开发我们本来的性德,开发本来的如来智慧德相,让我们成就无上菩提,具足自利利他的功德。

可是我们很多道友修行的发心不是那么大,可能就是为了自己生意做得好一点,生活过得好一点,所以来求高深大法。

这些动机当然跟无上菩提不相应,所以有些道友就觉得自己修行以后好像没有达到自己的目的,他就对法失去信心。

高深大法是帮助我们证悟无上菩提的,但是如果我们只是为了求一个幸福人生,这个肯定不相应。法为什么不灵?不是法不灵,是我们的心和这个法不相应。

我们要观察自心,反省自己,同时一定要对佛陀、对佛法、对自己有信心。《大方广佛华严经》中说“无一众生而不具有如来智慧”,我们每个人都具足如来藏,需要通过修行来开发我们的佛性。

当然,并不是说我们就不能求财、求官、求事业发达等等,佛陀也允许我们有这样的愿望,但是我们要求之得法——把心量放大,为了自利利他、自觉觉他,好好修行。

Question:

How to get your wishes fulfilled when you pray for wealth, an official position or a prosperous career?

Answered by Acharya Zhiguang:

You praying to Buddhas and Bodhisattvas for wealth, an official position or a prosperous career is like your son asking for money from you. Are you going to give it to him?

If your son is very promising, having moral virtues, refraining from all evils and doing good deeds, benefiting both self and others, and practicing Dharma diligently with the hope of helping all beings, I think you will certainly fund him as long as you are able to when he asks you for 10,000 RMB. You are probably willing to fund him with 100,000RMB, not to mention 10,000 RMB.

However, if he indulges in eating and drinking every day and lives a dissipated life, will you still give him 10,000 RMB? You certainly won’t.

Similarly, when we pray to Buddhas and Bodhisattvas to fulfill our wishes, we should ask ourselves if we have sufficient merits to support the wishes, or are we simply being greedy?

One doesn’t need much to live. In many cases, we need very little but we want a lot. Think about how many poor people in this world are struggling for survival. Comparing to them, we are all very rich.

Do you have unnecessary stuff at home? I bet you do. Do you have excess clothes that have never been worn? I bet you do. Do you have things which have never been used while taking up every corner of your place? I bet you do.

In this sense, we are all rich. If we still want to have more, that is essentially greed. Would Buddhas and Bodhisattvas fulfill your greed?

In fact you already have a lot of belongings, so you can help the others. If you are to benefit all beings with your belongings, Buddhas and Bodhisattvas will surely help you. The more you want to benefit all beings, the more Buddhas and Bodhisattvas will give you. This is beyond all question.

Many people complain that their practices are not working. Actually, it is so important for you to dig into your mind and observe it very carefully in order to understand what your motivation is behind your wishes. Do you really set out to benefit all beings, or just use it as an excuse?

All these practices taught by the Buddha are ultimately meant to develop our inherent true nature, disclose our inherent Tathagata wisdom, help us attain supreme Bodhi and have complete merits of benefiting both self and others.

But the motivations that many of our practitioners have are not that great. Maybe they pursue profound Dharma teachings just because they want their business to do a little better, or to live a better life.

Of course these motivations are not corresponding with supreme Bodhi, so some practitioners are losing faith in Dharma because their personal goals are not fulfilled with all the practices they’ve done.

The profound Dharma teachings are to help us attain supreme enlightenment. But if we only wish for a happy life, this is certainly not corresponding. Why are the practices not working? It’s not that the teachings are ineffective, but our mind is not corresponding with the teachings.

We should observe our mind and self-reflect. At the meantime, we must hold on to our faith in Buddha, Dharma and ourselves. It says in Flower Adornment Sutra that “all beings have the Tathagata wisdom”. Every one of us has complete Tathagatagarbha, but it takes practice to disclose our Buddha nature.

Of course, it is not saying that we can’t wish for wealth, official positions or prosperous careers, and etc. The Buddha also granted us such wishes. But we need to make wishes in the correct way, which is to enlarge our mind and practice diligently for benefiting and enlightening both self and others.

質問:

財産や地位や事業繁栄を求める願いはどのように満たすことができるのでしょうか。

智廣阿闍梨回答:

諸菩薩に財産、権力、事業繁栄を求めるということは、あなたの子供があなたに対してお金を要求するのと同じことです。

もし子供がとても立派で、徳性が良く、断悪修善し、自利利他し、日々良く修行をし、衆生の利益になりたいと願うような人なら、もし彼があなたに10万円を要求するなら、きっとできるだけ援助してあげることでしょう。10万円とは言わず100万円でもあげたいと思うでしょう。

しかし、もし彼が毎日暴飲暴食や女遊びや賭け事など堕落した生活を送っていたとしたら、それでもあなたは10万円をあげますか?きっとあげないでしょう。

それと同じ道理で、私たちは諸菩薩に願いを満たして頂くようにを求めますが、私たちの行いはそれらの願ったものを得るのに相応しいでしょうか?貪欲な心で求めてはいないでしょうか?

一人の人間が生活をするのに必要な物はそんなに多くありません、多くの場合、私たちの需要は少ないにも関わらず、多くを求めてしまいます。世界中で貧困の為に死ぬかもしれないという状況の中で必死にあがいている人が多くいます。それと比べると私たちは皆裕福なのです。

あなたの家に余っている物はないでしょうか?一度も着ていない余った服がありませんでしょうか?家のあちこちに一度も使っていない物はないでしょうか?きっとあるでしょう。

このような視点でみると、我々は皆裕福なのです。もしそれでもまだ欲しいと思うのなら、本質的にそれは貪欲な心です。仏菩薩はあなたの貪欲な心を喜ぶと思いますか?

実というと、あなたは既に多くの物を持っているので、他の人を助けてあげることができます。もしあなたが所有する物を以て衆生を利益するなら、仏菩薩は必ずあなたを助けてくださるでしょう。衆生の利益を願うほど諸菩薩は必ずあなたに多くを与えてくださいます。これは疑う余地のない確かなことです。

多くの人は自分はまだまだ修行が足りないと言いますが、実は一番大事なのは自分の心を深く観察することなのです。自分の願望に隠された本当の動機はなんでしょうか?本当に衆生を利益する為なのでしょうか?それとも衆生の利益を口実にしてはいませんか?

仏陀がこれほど多くの法門を伝授したのは、最終的に私達の本来の性徳を開花させ、本来の如来の知恵、徳相を具有させるため、私達を無上菩薩にならしめる、自利利他の功徳を具足させるためです。

しかしながら、我々仏教仲間たちの発心はそれほど大きくありません。多分、ただ自分の商売繁盛の為、良い生活の為という浅はかな気持ちで、深奥な法を求めているのです。

このような動機は当然無上菩提に相応しくありません。ですから、ある仲間は自分が修行をしても、自分の目的に到達していないと感じ、仏法に対する信心を失ってしまいます。

深奥な法は我々が無上菩提を得るのを助けてくれますが、もしただ幸せな人生の為にそれを求めるなら相応しくありません。仏法が効力を発しないのでしょうか?そうではありません。それは私たちの心が仏法と釣り合わないのが原因なのです。

私たちは自分の心を観察し、反省すると同時に仏様に対し、仏法に対し、自分に対し信心を持つことが大事です。「大方広仏華厳経」の中に、「如来の智慧を具有していない衆生は一人もいない」とあるように、私たちは一人ひとり皆如来蔵を具足し、修行を通して自身の仏性を開く必要があります。

もちろん、財産、権力、事業繁栄等を求めてはいけないという訳ではありません。仏陀も私たちがこのような願望を持つことを許してくださっています。ですが、法に従って求めるのが肝要であり、心を広げ、自利利他し、自覚覚他し、よく修行に励みましょう。

问答录16:怎样才能满足愿望?要求之有“道”。

问答录16:怎样才能满足愿望?要求之有“道”。

2017.09.17

问:

求财、求官、求事业发达,怎样才能满足愿望?

智广阿阇梨答:

你向诸佛菩萨求财、求官、求事业发达,这个问题就好比你的儿子向你要钱,你会给他吗?

如果儿子非常有出息,德行很好,断恶行善,自利利他,每天好好修行,希望做利益众生的事情,他向你要一万块钱,我想,只要你有能力,你一定会资助他。不用说一万块,十万块你也愿意给他。

但是如果他每天吃喝嫖赌,你还会给他这一万块吗?肯定不会。

一样的道理。我们祈求诸佛菩萨满愿,但是我们的德行够不够拥有这些?我们是不是以贪心在求?

一个人能够生活并不需要很多东西,很多时候我们需要的很少,想要的却很多。这个世界上有多少贫穷的人在死亡线上挣扎?相比之下,我们都是富足的。

你家里有没有多余的东西?肯定有。有没有多余的衣服从来不穿的?肯定有。家里的角角落落,有没有从来不用的东西?肯定有。

从这个角度来说,我们都是富足的。如果还想拥有更多,本质上就是贪心,佛菩萨会满足你的贪心吗?

其实你已经拥有很多东西,你可以去帮助别人。如果你是以你所拥有的去利益众生,那么佛菩萨一定会帮助你。你越是想要利益众生,佛菩萨肯定会给你更多,这是毫无疑问的。

很多人说自己修行不灵,其实很重要的是,你要好好深入观察自己的心,你求这个愿望,背后真正的动机是什么。你真的是为了利益众生吗,还是你以利益众生作为借口?

佛陀传授这么多法门,最终是要开发我们本来的性德,开发本来的如来智慧德相,让我们成就无上菩提,具足自利利他的功德。

可是我们很多道友修行的发心不是那么大,可能就是为了自己生意做得好一点,生活过得好一点,所以来求高深大法。

这些动机当然跟无上菩提不相应,所以有些道友就觉得自己修行以后好像没有达到自己的目的,他就对法失去信心。

高深大法是帮助我们证悟无上菩提的,但是如果我们只是为了求一个幸福人生,这个肯定不相应。法为什么不灵?不是法不灵,是我们的心和这个法不相应。

我们要观察自心,反省自己,同时一定要对佛陀、对佛法、对自己有信心。《大方广佛华严经》中说“无一众生而不具有如来智慧”,我们每个人都具足如来藏,需要通过修行来开发我们的佛性。

当然,并不是说我们就不能求财、求官、求事业发达等等,佛陀也允许我们有这样的愿望,但是我们要求之得法——把心量放大,为了自利利他、自觉觉他,好好修行。

Question:

How to get your wishes fulfilled when you pray for wealth, an official position or a prosperous career?

Answered by Acharya Zhiguang:

You praying to Buddhas and Bodhisattvas for wealth, an official position or a prosperous career is like your son asking for money from you. Are you going to give it to him?

If your son is very promising, having moral virtues, refraining from all evils and doing good deeds, benefiting both self and others, and practicing Dharma diligently with the hope of helping all beings, I think you will certainly fund him as long as you are able to when he asks you for 10,000 RMB. You are probably willing to fund him with 100,000RMB, not to mention 10,000 RMB.

However, if he indulges in eating and drinking every day and lives a dissipated life, will you still give him 10,000 RMB? You certainly won’t.

Similarly, when we pray to Buddhas and Bodhisattvas to fulfill our wishes, we should ask ourselves if we have sufficient merits to support the wishes, or are we simply being greedy?

One doesn’t need much to live. In many cases, we need very little but we want a lot. Think about how many poor people in this world are struggling for survival. Comparing to them, we are all very rich.

Do you have unnecessary stuff at home? I bet you do. Do you have excess clothes that have never been worn? I bet you do. Do you have things which have never been used while taking up every corner of your place? I bet you do.

In this sense, we are all rich. If we still want to have more, that is essentially greed. Would Buddhas and Bodhisattvas fulfill your greed?

In fact you already have a lot of belongings, so you can help the others. If you are to benefit all beings with your belongings, Buddhas and Bodhisattvas will surely help you. The more you want to benefit all beings, the more Buddhas and Bodhisattvas will give you. This is beyond all question.

Many people complain that their practices are not working. Actually, it is so important for you to dig into your mind and observe it very carefully in order to understand what your motivation is behind your wishes. Do you really set out to benefit all beings, or just use it as an excuse?

All these practices taught by the Buddha are ultimately meant to develop our inherent true nature, disclose our inherent Tathagata wisdom, help us attain supreme Bodhi and have complete merits of benefiting both self and others.

But the motivations that many of our practitioners have are not that great. Maybe they pursue profound Dharma teachings just because they want their business to do a little better, or to live a better life.

Of course these motivations are not corresponding with supreme Bodhi, so some practitioners are losing faith in Dharma because their personal goals are not fulfilled with all the practices they’ve done.

The profound Dharma teachings are to help us attain supreme enlightenment. But if we only wish for a happy life, this is certainly not corresponding. Why are the practices not working? It’s not that the teachings are ineffective, but our mind is not corresponding with the teachings.

We should observe our mind and self-reflect. At the meantime, we must hold on to our faith in Buddha, Dharma and ourselves. It says in Flower Adornment Sutra that “all beings have the Tathagata wisdom”. Every one of us has complete Tathagatagarbha, but it takes practice to disclose our Buddha nature.

Of course, it is not saying that we can’t wish for wealth, official positions or prosperous careers, and etc. The Buddha also granted us such wishes. But we need to make wishes in the correct way, which is to enlarge our mind and practice diligently for benefiting and enlightening both self and others.

質問:

財産や地位や事業繁栄を求める願いはどのように満たすことができるのでしょうか。

智廣阿闍梨回答:

諸菩薩に財産、権力、事業繁栄を求めるということは、あなたの子供があなたに対してお金を要求するのと同じことです。

もし子供がとても立派で、徳性が良く、断悪修善し、自利利他し、日々良く修行をし、衆生の利益になりたいと願うような人なら、もし彼があなたに10万円を要求するなら、きっとできるだけ援助してあげることでしょう。10万円とは言わず100万円でもあげたいと思うでしょう。

しかし、もし彼が毎日暴飲暴食や女遊びや賭け事など堕落した生活を送っていたとしたら、それでもあなたは10万円をあげますか?きっとあげないでしょう。

それと同じ道理で、私たちは諸菩薩に願いを満たして頂くようにを求めますが、私たちの行いはそれらの願ったものを得るのに相応しいでしょうか?貪欲な心で求めてはいないでしょうか?

一人の人間が生活をするのに必要な物はそんなに多くありません、多くの場合、私たちの需要は少ないにも関わらず、多くを求めてしまいます。世界中で貧困の為に死ぬかもしれないという状況の中で必死にあがいている人が多くいます。それと比べると私たちは皆裕福なのです。

あなたの家に余っている物はないでしょうか?一度も着ていない余った服がありませんでしょうか?家のあちこちに一度も使っていない物はないでしょうか?きっとあるでしょう。

このような視点でみると、我々は皆裕福なのです。もしそれでもまだ欲しいと思うのなら、本質的にそれは貪欲な心です。仏菩薩はあなたの貪欲な心を喜ぶと思いますか?

実というと、あなたは既に多くの物を持っているので、他の人を助けてあげることができます。もしあなたが所有する物を以て衆生を利益するなら、仏菩薩は必ずあなたを助けてくださるでしょう。衆生の利益を願うほど諸菩薩は必ずあなたに多くを与えてくださいます。これは疑う余地のない確かなことです。

多くの人は自分はまだまだ修行が足りないと言いますが、実は一番大事なのは自分の心を深く観察することなのです。自分の願望に隠された本当の動機はなんでしょうか?本当に衆生を利益する為なのでしょうか?それとも衆生の利益を口実にしてはいませんか?

仏陀がこれほど多くの法門を伝授したのは、最終的に私達の本来の性徳を開花させ、本来の如来の知恵、徳相を具有させるため、私達を無上菩薩にならしめる、自利利他の功徳を具足させるためです。

しかしながら、我々仏教仲間たちの発心はそれほど大きくありません。多分、ただ自分の商売繁盛の為、良い生活の為という浅はかな気持ちで、深奥な法を求めているのです。

このような動機は当然無上菩提に相応しくありません。ですから、ある仲間は自分が修行をしても、自分の目的に到達していないと感じ、仏法に対する信心を失ってしまいます。

深奥な法は我々が無上菩提を得るのを助けてくれますが、もしただ幸せな人生の為にそれを求めるなら相応しくありません。仏法が効力を発しないのでしょうか?そうではありません。それは私たちの心が仏法と釣り合わないのが原因なのです。

私たちは自分の心を観察し、反省すると同時に仏様に対し、仏法に対し、自分に対し信心を持つことが大事です。「大方広仏華厳経」の中に、「如来の智慧を具有していない衆生は一人もいない」とあるように、私たちは一人ひとり皆如来蔵を具足し、修行を通して自身の仏性を開く必要があります。

もちろん、財産、権力、事業繁栄等を求めてはいけないという訳ではありません。仏陀も私たちがこのような願望を持つことを許してくださっています。ですが、法に従って求めるのが肝要であり、心を広げ、自利利他し、自覚覚他し、よく修行に励みましょう。